最近のトラックバック

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

2019年2月18日 (月)

干しキノコとツナ缶のご飯

普段、キノコは軽く干して冷蔵庫に入れます。
これとツナ缶をご飯に炊き込みました。
生のキノコより断然美味しいです。
o(*^▽^*)o
キノコは2時間位干した物です。もっと乾燥した物はお酒などを振りかけて、戻してから使用した方が良いでしょう。

*使用タッパーウェア・器具Img_1954
 タッパーウェア・圧力鍋3.2L
*材料
 ・(5分づき)米・・・・3カップ
 ・水・・・・3カップー大さじ3
 ・酒・・・・・・・・・・・・大さじ2
 ・しょう油・・・・・・・・大さじ1
 ・塩・・・・・・・・・・・・小さじ1
 ・干しキノコ(2㎝位に切る)Img_6514

 (舞茸・・・・・・1パック分)
  (シメジ・・・1/2パック分)
  (えのき・・・1/2パック分)
 ・ツナ缶・・・・・・・・・小1缶
*作り方Img_1946
 ①お米は洗ってすぐに圧力鍋に入れる。
  全ての材料を加えてフタをする。
 ②中火にかけ第2リングになったら弱火にして3分間加圧し、自然冷却する。
 ③全体を混ぜて5分位蒸らす。

2019年2月16日 (土)

パリパリ薄焼きせんべい(マイクロプログリル)

私がお気に入りのお昼です。

*使用タッパーウェア528
 MMボール(中)
 マイクロプログリル
*材料
(A)
 ・薄力粉・・・・・・・・・100g
 ・ベーキングパウダー小さじ1/2
 ・きび砂糖・・・・・大さじ1
 ・塩・・・・・・・・・小さじ1/4Fullsizerenderjpg528
(B)
 ・水・・・・・・・・・・・大さじ3
 ・金口ごま油・・・小さじ2
 ・しょう油・・・・・・・小さじ1
 ・いりごま・・・・・・大さじ2

 ・桜海老・・・・・・・大さじ4
 ・生バジル・・・・・・5〜6枚Fullsizerenderjpg5
*作り方
 ①MMボールに(A)を入れて混ぜる。
  さらに(B)も加えてよく混ぜ四等分にする。
 ②桜海老は粗目に切り、バジルは細く切り、①に混ぜる。
 ③②をボールに戻し、冷蔵庫で1時間ほど寝かす。
 ④取り出して麺棒で薄く(1ミリ位)のばし、マイクロプログリルに入れる。Img_6155
 ⑤プレスポジションで、600wレンジ3分かける。
 ⑥冷めたら食べやすく切る。

2019年2月15日 (金)

お雛飾り

もうこのお雛様も50歳に近くなってきました。
7段飾りのお雛様も、いつとはなしに平飾りになってしまいました。
そしてお道具も無しに・・・・・。
それでも飾らない年はありません。
いつもは立春を待ってすぐに飾るのに、今年は遅くなってしまって
お雛様、ごめんなさい。
Img_6749Img_6750




2019年2月14日 (木)

生鮭フライ(マイクロプログリル)

マイクロプログリルだと、使う油はオリーブ油たった大さじ1杯!

*作り方Img_6610
 ①生鮭に塩コショウする。粉を振るい、卵液につける。
 ②作りおきパン粉(冷凍しておく)に①をつけてマイクロプログリルに入れる。
 ③プレスポジションで600wレンジ6〜7分かける。

Img_6600

Img_6155


*
片付けはペーパーで軽く拭いて・・・。Img_6710

2019年2月13日 (水)

胸肉のやわらかチキンカツ(マイクロプログリル)

マイクロプログリルだと、使う油はオリーブ油たった大さじ1杯!

高たんぱく、低脂肪の鶏むね肉。
リーズナブルなのも嬉しい!

マイクロプログリルでチキンカツにすると、もそもそ感もなく美味しい!
粉チーズや溶けるチーズを加えるとGOOD !

(*^-^)一番うれしいのは片付けが簡単なことかも?
ペーパーで拭くだけ。

*使用タッパーウェアImg_6195_2
 マイクロプログリル
*材料
(A)
 ・パン粉・・・・・・・1カップ
 ・オリーブ油・・・大さじ1
(B)
 ・卵(小)・・・・・・・・・1個
 ・水・・・・・・・・・・・大さじ2
 ・薄力粉・・・・・・大さじ3Img_6653_2

 ・鶏むね肉・1枚(250g)
 ・塩、コショウ
 ・粉チーズ・・・大さじ4
*作り方
 ①マイクロプログリルに(A)を入れプレスポジション(ふたはパン粉の上にピタッとおく)600Wで5分間かけて混ぜる。ボールにあける。
 ②ボールに(B)を混ぜておく。
 ③鶏むね肉は皮を除き、7ミリ位の厚さのそぎ切りにして、塩コショウ、粉チーズをふる。Img_6656
 ④(B)のボールに入れ、続いて①のボールに入れ衣をつける。
 ⑤マイクロプログリルに並べ、カバーは浮かせて(カバーポジション)600wレンジ6分間かける。
 *レンジによっても色の付き具合は違うので初めはかける分数を控えめに!Img_6705

*パン粉を多めに作ってフリーザーメイトで冷凍しておけば、いつでもヘルシーフライ、カツが簡単に出来る(◎´∀`)ノ
玉ねぎフライもかんたん!



 

 

2019年2月12日 (火)

電子レンジでこんがり焦げ目がつく

新発売のマイクロプログリル
電子レンジでこんがり焦げめがつく!

蓋は・プレスポジション(カバーを食材の上に直接おとす)Img_6155_2

   
   ・カバーポジション(つぶしてはいけない食材の時)

Img_6696_2

1.トースト、ハムチーズサンドイッチ、三枚パンサンドImg_6173

2.大さじ1〜2のオリーブ油で揚げ物(ヘルシー)Img_6195_2

3.野菜グリル炒め?もシャキッと!Img_6595

4.朝食も野菜たっぷり!Img_6527

明日はフライの作り方

2019年2月11日 (月)

鶏肉と根菜のオイスターソース煮

和風の煮物に使う根菜類もオイスターソースを加えると一味違います。

*使用タッパーウェア・器具Img_6044
 タッパーウェア・圧力鍋
*材料
 ・鶏もも肉・・・・・・・・1枚
 (下味・酒、しょう油各大さじ1)
 ・大根・・・・・・・・・・・5㎝
 ・ごぼう・・・・・・・・1/2本
 ・人参・・・・・・・・・・・1本
 ・コンニャク・・・・・・・1枚
 ・金口ごま油・・・大さじ1Img_6040
 (A)
 ・酒・・・・・・・・・・・大さじ2
 ・みりん・・・・・・・大さじ2
 ・しょう油・・・・・・大さじ2
 ・オイスターソース大さじ1

 ・いんげん・・・・・・・・少々Img_8660
*作り方
 ①鶏もも肉は一口大に切って下味を付けておく。
  野菜、コンニャクは食べやすい乱切り、ごぼうは浸水2分間する。
 ②圧力鍋を熱くし金口ごま油を入れ鶏肉を炒める。
  野菜を炒め(A)を加えフタをして中火にかける。
  第2リングになったら火を止め(0分)、自然冷却する。
 ③フタを取り10分間程煮詰め、さやいんげんを散らす。

 

2019年2月10日 (日)

蒸し大豆のピリ辛炒め

*使用タッパーウェア・器具
 レインボークッカー17㎝片手鍋
*材料Dscf2095
 
(A)
 ・金口ごま油・・・・・大さじ1
 ・桜海老・・・・・・・・大さじ4
 ・蒸し大豆・・・・・・・2カップ
 ・しょう油・・・・・・・・大さじ2
 ・みりん・・・・・・・・・大さじ1

 ・ラー油・・・・・・・・・・適宜
*作り方
 ①13㎝片手鍋に(A)を順に入れフタをしてウォーターシール(沸騰)になったら弱中火で5~6分煮る。
 ②フタを取り、ラー油を加えて味を整え 2~3分煎り付ける。

甘い煮豆が嫌な方にはうけますね。

2019年2月 9日 (土)

蒸し大豆

蒸し大豆は茹でた物より栄養価が高く、又、断然美味しさが違います。
ただバスケットに入れて蒸せば良いのです。ぜひお試しを・・・。

*使用タッパーウェア・器具
 MMボール(大)
 タッパーウェア・圧力鍋4.5L&すのこ(バスケット)
*材料
 ・大豆・・・・・・・・2カップImg_8660
*作り方
 ①大豆はよく洗いMMボールにたっぷりの水とともに入れシール(フタ)をして一晩置く。
 ②タッパーウェア・圧力鍋4.5Lに水(分量外)250mlを入れ三脚とすのこ(バスケット)を置く。
  すのこ(バスケット)の中に①の大豆を入れてフタをし、中火にかける。
  第2リングになったら弱火にして5分間加圧し、自然冷却する。
 ③多ければ小分けして冷凍する。Dscf19371

豆は新豆か少し古いかによっても違います。
 自然冷却して豆をつまんでみて好みの硬さにします。
 「もう少しやわらかく」と思った時は、すぐなら鍋が熱いので圧もすぐに上がります。

食べ方としてそのまま頂いたり、サラダ、ひじき、切り干し等の煮物に又炒め物等に加えたり色々出来ます。

2019年2月 8日 (金)

ラーバーツァイ

白菜が美味しい時期です。

*使用タッパーウェア
 MMボール(大)
 レインボークッカー13㎝片手鍋Img_6650
*材料
 ・白菜・・・・・・・・・400g
 ・紅麹塩・・・・・・小さじ2
(A)
 ・金口ごま油・・大さじ2
 ・タカの爪(タネを取り輪切り)1本
 ・生姜せん切り・ひとかけ分
(B)
 ・酢・・・・・・・・・大さじ3
 ・砂糖・・・大さじ2〜1
*作り方
 ①白菜は5㎝長さに切り、さらにタテに1㎝幅に切ってMMボールに入れる。
  紅麹塩を振って30分程おき、軽く絞る。
 ②13㎝片手鍋に(A)を入れフツフツしたら火を止め(B)を加えて混ぜる。
 ③①に②をかけて混ぜ1〜2時間くらいで食べられる。

一晩おくとさらに美味しい。


 

«サンマのカカまぶし