« 金時豆の煮豆 | トップページ | 全体のインデックスがないので »

2008年12月29日 (月)

黒豆の蜜あわせ

黒豆の煮方も色々ありますが、これはきんさ流の方法をアレンジした物です。
茹でた黒豆を蜜に浸けた上品な味です。
文字で読むととても面倒そうですが、作ってみると以外に簡単。何か別の仕事の合間に出来てしまいます。

「黒豆の蜜あわせ」

            
*使用タッパーウェア・器具
 (重曹を入れて加熱する場合圧力鍋は×)
 21cm寸胴鍋 MMボール(大)&ストレーナー
 19cm片手鍋

*材料
 ・(丹波の)黒豆 200g
 ・熱湯 4カップ+重曹 小さじ1/2強

 *蜜用
 ・水 2カップ
 ・砂糖1と1/3カップ

*作り方
 1.21cm寸胴鍋に湯を沸かし重曹を加える。
   この中に洗った黒豆を一晩つけておく。
 2.1.をこのまま中火(IH炎4)にかける。
 3.ウォーターシール(蒸気が出てくる)になったら弱火にして10分。(浮いて来る泡を捨てる)
 4.豆をストレーナーにあけ、MMボールでぬるま湯で静かに洗う。
 5.再び豆を鍋に戻し、水を豆より上に注ぎ、沸騰したら弱火でやわらかくなるまで煮る。(20分位)
 6.再度 豆をストレーナーにあけぬるま湯で洗う。
 7.その間に19cm片手鍋に「蜜用」を煮立てて蜜を作る。
 8.蜜と豆をMMボールに入れ一晩置く。
 9.蜜だけ弱火で15分程煮詰め、あら熱が取れたら豆のボールに戻す。
 10.一晩して(5~6時間)、9.を再度繰り返すと良い。
 おいしい!

*重曹を入れて加熱する場合、深い鍋が良い。
 (なければ大きすぎるか?と思う位のお鍋で)
タッパーウェアの使い方、カタログはアイディア キッチンへ

« 金時豆の煮豆 | トップページ | 全体のインデックスがないので »

おせちのレシピ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金時豆の煮豆 | トップページ | 全体のインデックスがないので »