« 焼きびたし | トップページ | ブルーベリーアイスクリーム »

2015年8月 1日 (土)

本 ”子どもたちへ、今こそ伝える戦争”

”子どもたちへ、今こそ伝える戦争”1
子どもの本の作家たち19人の真実

講談社 定価1,800円(税別)

子ども達にも、戦争体験のないおとなにも読んで欲しい本だと思います。私自身、終戦の時ちょうど2歳で子や孫に戦争体験を語る事が出来ません。

岡野薫子さんのほんの一部を引用させて頂くと
”三月十日の深夜、母と私は空襲警報のサイレンにとび起きました。強い風が吹いていて、外に出ると、東の空が、幅広い帯のようにまっ赤にかがやいて燃えていました。下町の方角でした。東京大空襲です。
「直径五センチもある火の粉の海が、小さい子どものひざのあたりまで・・・・・。」と、大空襲にあった人が記しています。
この日は小学校の卒業式のために、たくさんの子どもたちが疎開先から両親のもとに帰ってきていました。
この大空襲によって、一夜のうちに十万人もの人たちが亡くなったのです。”とあります。

応戦すれば又、同じことが繰り返されるのです。

時に読み返し「戦争をしてはいけない」ことを次に伝えていかなければならないと切に思いました。

« 焼きびたし | トップページ | ブルーベリーアイスクリーム »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 焼きびたし | トップページ | ブルーベリーアイスクリーム »